SMBCグループ 2019 RECRUIT SITE SMBCグループ 2019 RECRUIT SITE

STYLE 働き方

SMBC Group 2019 RECRUIT SITE

SMBCグループは、
社員一人ひとりが働きやすさを実感しながら、
思う存分にその能力を発揮し、
モチベーション高く成長し続けられる
職場づくりを目指しています。
SMBCグループ各社での代表的な取組をご紹介します。

柔軟な勤務「場所」(日本総合研究所)

日本総合研究所には、出産・育児や介護・看護のため、専用のパソコンを利用し、自宅などで仕事を行うことが可能な「テレワーク」制度があります。
この制度を利用すると、たとえば午前中はオフィスで勤務し、午後からは子どもの看病のために自宅で仕事をすることができるようになります。

従来の「オフィスで働く」という制限を緩和し勤務する「場所」を従業員個人の様々な事情に合わせて柔軟に選択できるようにすることで、多様な人材がそれぞれの能力や個性を最大限発揮できる環境づくりを整備しています。

日本総合研究所の採用サイトへ

柔軟な勤務「時間」(三井住友ファイナンス&リース)

三井住友ファイナンス&リースでは、従業員個人が1ヶ月の総労働時間の範囲内でフレキシブルに日々の始業・終業時刻を決めることのできる「フレックスタイム制」を導入しています。

勤務する「時間」を自身の裁量で運用できるため、朝早くや夕方の顧客訪問、地方への長距離移動等に時間の無駄なく対応でき、業務効率の向上や生活と業務の調和に役立っています。
また、一日の労働時間は変更せずに、始業終業の時間を繰上げ・繰下げする「時差出勤」制度もあり、育児や介護、健康上の都合により、ライフバランスを維持し通勤時間を柔軟に運用したい社員のニーズにも対応できるようになっています。

三井住友ファイナンス&リース
の採用サイトへ

休暇制度「働く時は働き、休む時は休む」(SMBC信託銀行)

SMBC信託銀行では、従業員の誰もが働きやすい環境を作るために、制度を整えるだけでなく、実際に各制度の活用を推進する取組みが行われています。

たとえば休暇については、毎年2週間連続での取得を推奨しており、従業員が休暇を取りやすいように、経営陣も率先して2週間連続の休暇を取得しています。
その結果、有給休暇の取得率は80%以上と非常に高くなっています。
休む時はしっかりと休みリフレッシュをし、働く時はパフォーマンスを最大限に発揮する、まさにワークライフバランスがとれた職場環境となっています。

SMBC信託銀行の採用サイトへ

育児と仕事の両立支援「制度」(SMBCコンシューマーファイナンス)

SMBCコンシューマーファイナンスでは、法令で定められている「産前産後休暇」や「育児休職」のみならず、妊娠中の体調に合わせて取得できる「妊娠症状休暇」や、勤務時間を短縮して働くことができる「短時間勤務制度」、復職時のならし保育のために利用できる「育児休職復職支援休暇」など、出産前後や復職に向けた様々な制度を整備しています。

また、学校行事等への出席のために利用できる「参観日休暇」、勤務地を限定して働く「地域限定職」の選択、男性の育児参画を促進する「配偶者出産休暇」や「育児休暇」など、すべての従業員の育児と仕事の両立支援を推進しています。

SMBCコンシューマーファイナンス
の採用サイトへ

育児と仕事の両立支援「研修」(セディナ)

SMBCグループでは、早期復帰を実現するための保活支援研修や、両立やキャリアの不安・課題の克服方法を考える復帰後フォロー研修、夫婦で参加できる両立支援セミナーなどを広く実施しています。

加えてセディナでは毎年、従業員が自身と向き合いキャリアを考える「Cedynaダイバーシティワークショップ」を実施しています。参加者同士でキャリアに対する悩みや不安を共有しながらこれからのキャリアを考え交流する場を設けることで、ただ働き続けるだけでなく、両立しながら「長く活躍し続けたい」と考える従業員の意欲とキャリアを後押ししています。 

セディナの採用サイトへ

介護と仕事の両立支援制度・研修(三井住友銀行)

超高齢化社会を迎え、介護は「誰にでも起こり得ること」になりました。
三井住友銀行では、身近に介護が発生しても会社を辞めないことはもちろん、介護を理由に望んだキャリアを諦めることなく活躍し続けられるように、法定の基準を上回る介護休業、短時間勤務、時差出勤等の制度を設け、介護負担のある従業員を支援しています。

また両立に必要な心構えやノウハウを、家族と一緒に学ぶことができるセミナーの実施や、ハンドブック・ウェブサイトなどによる情報提供を積極的に行うほか、専門家に24時間相談できる電話窓口「SMBC介護相談デスク」を設置するなど、従業員が介護に備え、安心して働き続けられる環境を整えています。

三井住友銀行の採用サイトへ

管理職の意識醸成(三井住友カード)

ダイバーシティ推進には上司の意識醸成・上司と部下のコミュニケーションが重要であるとして、三井住友カードでは、部下や同僚のワークライフバランスを考え人材育成・業績貢献を行う、上司の「イクボス」化に注力しています。

また、全役員・部長による「イクボス行動宣言」や理想のイクボスを選出する「イクボスアワード」の他、ライフイベントの影響を直接受けやすい女性社員と上司がペアで参加し、相互理解を図りながら部下の長期的キャリア形成を支援する研修も行っています。

三井住友カードの採用サイトへ

家族の職場理解(SMBC日興証券)

SMBC日興証券では、職場見学を通じて役社員の家族に当社の仕事に対する理解を深めてもらう、本業を通じた「金融経済教育」を実践する、役社員に対して「ワーク・ライフ・バランス」を考えるきっかけを作る、という3つの目的で「家族で早帰りDAY」を実施しています。

社員のお子様やご家族の方にご参加いただき、「ダイバーシティ」への理解や金融への関心を促進する各種イベントを開催、職場見学会をした後、早帰りをします。
このような取組を通じてワーク・ライフ・バランスの実現を図り、社員一人一人がそれぞれ持てる力を最大限に発揮し、長く生き生きと活躍できる環境の構築を目指しています。

SMBC日興証券の採用サイトへ